本文へ移動

脇山 航|スタッフインタビュー

設計部スタッフインタビュー
氏名
脇山 航(年齢:30代)
部署名
設計部
入社年月
2012年4月
設計部スタッフインタビュー
◆ 弊社を選んだ理由は?
まず地元長崎で就職したいという強い思いがありました。それに際して、長崎造船ではひたすら一部分の設計をするのではなく、幅広い分野の設計に臨むことができ、さまざまな知識が身につく点に魅力を感じました。

◆ 仕事内容は?
主に船の艤装(船室内外の各種装備)設計を行っています。船室のデザインや煙突、マスト(甲板に垂直に立つ柱)といった大規模のものから小物類までその種類は多岐に亘ります。

◆ 仕事でのやりがいや一番うれしい時は?
自らが考案・設計したものが、実際に製品となって現れた時に達成感を感じることができます。また、お客様に喜んでもらい、「良い船をありがとう」とのお声をいただけた時は格別の喜びを感じます。

◆ これまでの苦労や失敗談はありますか?
漁船という特殊な船舶における機械の配置(レイアウト)に関して、さまざまなシミュレーションをして配置決定を行いましたが、実際に漁に出てみると想定通りといかず、乗組員の方より使いづらいとのクレームを受けてしまったことがあります。

◆ その失敗をどのように乗り越えましたか?
実際に1週間ほど船に乗り、漁の実情を体験することで、シミュレーションにはなかった使い方や発想を乗組員の方々に教わり、設計業務に活かしました。現場に触れ、コミュニケーションをとることが、スキルアップに繋がっています。

◆ 今後の目標やチャレンジしたいことはありますか?
現在の私は主に漁船の設計を行っていますが、さまざまな経験を経て設計技術を更に高めていきたいです。そして将来的には、より多様な船種の建造能力をもつ会社になるよう貢献していきたいです。
■ 1日の業務スケジュール
8:00
船体部、機関部にわかれて朝礼があり、当日業務の報告後、始業
8:30
建造途中の船舶にて、現場確認
9:00
設計室にてCADによる設計
12:00
昼休み
13:00
メーカーと協議・打合せ
14:00
設計室にてCADによる設計
16:30
業務報告会
17:00
終業
 応募を考えている方にメッセージを!
大手の造船所と違い、船1隻あたりさまざまな業務に携わることで、豊富な知識を身につけることができます。諸先輩方も多く在籍されているので、分からないことも気軽に相談できる環境で活気ある会社です。是非私たちと一緒にがんばりましょう!!
  長崎造船株式会社
  〒850-0936
  長崎県長崎市浪の平町4番2号
  TEL.095-826-0191
  FAX.095-823-5022
0
5
1
4
8
3
TOPへ戻る